客室乗務員&グランドスタッフ合格講座

よくあるご質問 受験者、そしてスクール通学を迷う人から多く寄せられたご質問にお答えします。

CA&グランドスタッフ受験編

【国内航空会社】

採用募集はいつあるのですか?

新卒採用は2016年度からは毎年3月、8月頃に募集が発表されます。一方、既卒採用は必要時に募集を行うため、不定期に募集が発表されます。情報は、各社ホームページ上に掲載。また、月刊[エアステージ]誌上、[エアステージ]が配信するケータイサイト『AIR STAGECLUB』を活用して、募集を逃さないことが大切です。

イカロス・アカデミーでも情報を即時にキャッチして、スクール 掲示板に発表。募集情報を逃さずキャッチできます。

専門学校卒で受験できる会社はありますか?

JAL・ANAをはじめ多くの航空会社が「専門学校卒以上」を応募資格にあげています。

私は156㎝です。こんなに低くてもCAになれるでしょうか?

国内航空会社では身長を規定している会社はほとんどありませんが、CAの場合、実際には158cm以上の合格者が多いようです。グランドスタッフの場合は身長制限は全くありません。

イカロス・アカデミーからは過去にANAのCAに157cmの方が、JALのCAに155cmの方が合格しました。

私は現在29歳なのですが、CAの受験資格は何歳ぐらいまでですか?

CA の既卒試験では、年齢制限は特にありません。29 歳からでもチャレンジは可能です。制限がないので30 歳以上の方もチャンスはあります。

男性でCAを目指しています。受けられる会社はありますか?

JALやANAでは男性の応募は可能ですが、CAとしての男性の採用実績はありません。両社とも最近は、総合職として採用した男性が乗務しています。これまで採用実績があるのは、国内ではAIR DOやソラシド エア、スカイマーク、スターフライヤーLCCなどです。

現在、海外の大学に留学中の国内航空会社CA志望者です。応募することはできますか?

応募資格を満たしていれば全く問題ありません。各社ホームページの新卒者向けの採用サイトでプレエントリーに一度登録しておけば、募集開始などを逐一知らせてもらえます。ただし、採用試験は日本でのみ実施されるので、試験日には帰国しなければなりません。

CAを目指しています。国内の場合、英語力はどのくらい必要ですか?

ANA ・JALのCA受験の場合、「TOEIC600点程度以上の英語力を有する方」という応募条件にしています。国内でも英語力はますます重要視されてきています。ちなみにグランドスタッフの場合は、550点以上を条件にしているところが多いようです。

ただし、TOEIC600 点がなければ即不合格というわけではありません。イカロス・アカデミーのスクール生の中でもANAのCAに570点で合格した人もいます。

採用試験の内容はどのようなものですか?

航空会社や職種によってその内容は異なりますが、主な項目は、エントリーシートの提出、面接、ディスカッション、筆記試験で、そのほか身体検査や体力測定を実施する会社もあります。共通しているのは最重視しているのが面接だということです。

国内の航空会社では英会話面接はありますか?

現在、英会話面接を試験項目にしている会社はほとんどないですが、LCCでは面接時英会話面接を実施する会社もあります。ただし、その時も基礎力があるか、積極的に英会話をしようとする姿勢があるかをチェックするために実施されるのだと思われます。(2015年度JAL新卒CA二次には英会話がありました。

【外資系航空会社】

採用募集はいつありますか。また、どのように応募するのですか?

定期的な採用ではなく、会社が増便する時や欠員補充時に募集が発表されます。応募書類は、これまでは英文履歴書、和文履歴書、カバーレターをセットで送付するのが普通でしたが、最近では各社のウェブサイトからダウンロードしたアプリケーションフォームへの記入を求める会社もあります。

応募基準は、国内と同じですか?

学歴については、高卒、専門卒、短大卒以上という航空会社が多数派です。ただし中にはビザ取得の関係で「四年制大卒以上」を条件に挙げる会社もあります。身体基準については、「身長160cm以上」と明確に身長制限があったり、手の長さも含めてアームリーチを測定する会社もあります。年齢は、ヨーロッパ系の航空会社は年齢の上限が比較的高く、会社によっては35歳くらまで応募可能ですが、アジア系の場合は25 .26歳くらいまでの会社が多いようです。

英語力はどれくらい必要ですか?

目指す航空会社によって求められる英語力は異なります。特にアメリカ系、ヨーロッパ系、中東系ではハイレベルでTOEIC700点以上の英語力とスピーキング力が必要です。アジア系の航空会社は、TOEIC600点以上が目安です。いずれにしても必ず英語面接が行われ、英語でのコミュニケーション能力が試されるので、「聞く」「話す」能力はつけておかなければなりません。

【TOEIC講座について】

私は、就職活動のため入会を希望していますが、入会のタイミングに迷っています。

早い段階でTOEICや筆記対策を終えていることが受験に勝つコツです。出遅れてしまい、途方にくれている受験生の相談を毎年受けますが、対策が遅いのは致命的なのです。就職活動が始まってからでは、勉強する時間のゆとりはないです。

社会人ですがTOEIC一日講座は受講できますか?

A)当スクールのTOEIC講座は小規模のクラスで先生と生徒の距離を近くし、質問がしやすいクラス人数にしています。新卒の方を始め、社会人の方も参加が可能となっております。

イカロス・アカデミー 編

授業は決まった曜日に受講しなければならないのですか?

「国内CA受験コース」では、基本的にはコース別に決まった曜日の時間帯に受講していただきますが、自己都合で欠席された場合でも、欠席された回数分は、有効期間内であれば他の曜日の授業に振替えられます。また、最初から授業の曜日を固定せず、都合に合わせて受講できるフリーコースも用意しています。

イカロス・アカデミーでは担任制でないと聞きました。それはなぜですか?

本番の採用試験では数回の面接で毎回異なる面接官から質疑を受け、総合評価で合否が決まります。そのため、イカロス・アカデミーでは、初対面の講師からの質問に答える面接特訓を行っています。初対面の人とも自分らしく面接を受けることができる、それが合格への近道だと考えているからです。なお、授業は担任制をとっていませんが、日頃の受験相談などには、常にチューター役の事務局スタッフが親身に対応しています。

イカロス・アカデミーの合格者数の実績を教えてください

合格実績はこちらをご覧下さい。全国展開をしているスクールは、各校の合格者を合計した数を発表しているようですが、これに比べ、イカロス・アカデミーの市ヶ谷校一校のみの合格者数は抜群です。

イカロス・アカデミーの講座は一般企業対策としても役立ちますか?

もちろんです。イカロス・アカデミーでは、CA・グランドスタッフの内定とともに、航空会社の総合職、一流商社やホテル、旅行会社、大手銀行などの内定を合わせて、ダブル合格、トリプル合格している人が多くいます。面接での受け応え方はもちろん、企業研究の方法など、イカロス・アカデミーで学んだことは一般企業対策として十分に通用します。

イカロス・アカデミーでは、コース修了後のフォローはどうなっていますか。

イカロス・アカデミーの受付カウンター前のラウンジは、在校生だけでなく卒業生が会社帰りに気軽に立ち寄って、最新の募集情報を閲覧したり、おしゃべりしたりする「憩いの場」になっています。そして、既卒募集が出た時には、チューターがエントリーシートの書き方をはじめ各種の受験相談に応じます。また、一般公募をせずスクール限定で募集を発表する航空会社の募集情報は卒業生の方へもメール配信しています。

個性重視のイカロスアカデミー 不安も全て受け止めます 講座申込はこちら