客室乗務員&グランドスタッフ合格講座

イカロスアカデミー CA&GS合格講座とは

 市ヶ谷1校だけでもうすぐ30年
CA&GSを目指す人のための通学スクールです。

facebookはこちら

イカロス流3つの重要ポイント

1.講師は全員イカロスOGだから、臨機応変、目からうろこの指導

専任講師の1人、河本三紀講師のお話です。

【面接特訓】

面接特訓とは、本試験で聞かれた色々な質問を受講生1人一人に本番形式で答えてもらうというものです。河本講師も、受講生のときは緊張感とワクワク感をもってこの面接特訓を受けていたそうです。

【自己紹介・自己PR】

自己紹介も自己PRも面接の最初で聞かれる質問の定番です。ここで面接官の心をしっかりとつかめば、出だしは上々!その先も面接官とスムーズなキャッチボールができます。

【エントリーシート(ES)】

"ESに通らなければ、面接にも進めない!"ことから考えると、ESはスタートラインに立つための非常に大切なものです。そこでイカロスではESの添削について2つの効果的な方法を実施しています。

1.ESはその場で読んですぐに受講生にアドバイスします。
  後日メールで添削するようなことはしません。
2.添削の回数も制限していません
  その結果、イカロス受講生のES通過率は9割を超えています。

2.担当スタッフも全員イカロスOGだから気軽に相談、憩いのひとと

スクルール担当スタッフの1人、井上悦子さんのお話です。

3.クラス制だから仲間と一緒に不安解消!

CA・GSを目指している方は、ぜひ一度イカロスの説明会にお越しください。

説明会の詳細へ

実績

【1988年から2017年9月までの合格実績】市ヶ谷1校だけの合格者数では抜群の実績です!!

キャビンテンダント(客室乗務員)

ANA 795名 JAL 848名

●JTA 24名 ●AIR DO 20名 ●ソラシドエア 20名

国内主要GS(グランドスタッフ)

ANAエアポートサービス 60名
ANA成田エアポートサービス 73名
JALスカイ 139名

外資系航空会社(キャビンアテンダント)

●シンガポール航空 43名 ●アシアナ航空 21名 ●キャセイ・パシフィック航空 32名
●エミレーツ航空 16名 ●チャイナ エアライン 24名 
●ヴァージンアトランティック航空 21名 ●KLMオランダ航空 18名 ●エバー航空 18名
●タイ国際航空 14名 ●ルフトハンザ・ドイツ航空 12名 ●中国東方航空 8名

|面接対策講座の授業内容|

立居振舞

面接では基本的な立ち居振る舞いをきちんと身につけておく必要があります。  そこで(1)挨拶(2)表情(3)言葉遣い(4)態度などについて、ベテランのインストラクターがわかりやすく指導します。

面接特訓

「本試験と同じ形式で行う模擬面接」がこの面接特訓です。入社試験で最も重視されているのが「面接」!イカロス出身の講師陣による、時には温かく、時にはズバリと核心をついたアドバイスは必ず受講生に役立つはずです。

自己紹介&自己PR特訓

面接で最初に質問される定番が、この自己紹介と自己PR。ここで単なる経歴やまとまりのない話をするのと、自分なりに練った内容を話すのとでは、面接官に与える印象が全く異なります。この授業で自分の存在感をアピールできるものを見つけ出して下さい。

エントリーシート(ES)添削

長年CA・GSのエントリーシートの添削に携わっているベテラン講師(2~3名)が責任を持って指導、添削します。

ビューティーレッスン(オプション)

カラーアナリスト(もちろんイカロス出身者)によるレッスン。受講生一人ひとりに似合う「カラー診断」、試験に着ていく服選び、そしてメイクに至るまでトータルな指導・アドバイスをします。

|筆記対策講座の授業内容|

英語(5回)…単語、イディオム、文法、中分解釈
数学(5回)…確率、集合、割合、速さ、推論
言語(3回)…二語関係、熟語、語句の用法、文章の並べ替え

国内航空会社CA受験生5つの誤解

1.CAは美人でなければならない

ひとくちに美人といってもいろいろ。でもとっつきにくい美人ではダメ。サービス要員としての明るさ、親しみやすさ、穏やかさ、さわやかさなど、このなかの1つでも自分が持っていると思っている人は、みんな"美人CA"です。

2.CAは背が高くなければならない

国内各社とも受験資格に身長に関する記述はありません。160cm以上あれば全く問題ないですが、微妙なのは155cm前後の身長。数は多くはないですが、合格する人は毎年いるので、身長を理由に受験をあきらめるのはもったいないです。

3.CAは英語がペラペラでなければならない

「TOEICが600点ない」「留学経験がない」など英語(英会話)に自信がない受験生がいますが、国内のCA受験に関してはJALで2次面接で1問聞かれるだけなので、それに答えることができれば問題ありません(しかも、聞かれる内容はほとんど基本的なこと)。ただ、精神的安定のためにもTOEICは600点以上取っておいたほうがよいでしょう。

4.CAは学力がなければならない

JALとANAはES提出の時期にテストセンターで学力テストを受けなければならず、この結果があまりに悪いとESの内容がいくら良くても落とされます。でも、イカロスではほとんどの人が通過しています。

5.CA合格に不利な学部・学科がある

結論から言うと、学部・学科による有利・不利はありません。例えば法学部や建築学科出身の受験生に対して、面接官が「えっ、どうして法律系に進まないの?どうして建築の知識を生かす仕事に付かないの?」という疑問を持つのは不思議ではありません。この疑問に対して面接官に「ああ、そういうことなのか」と納得してもらえる説明ができれば問題ありません。

説明会の詳細へ
CA&GS合格講座 トップページ

受講をお考えの皆様へ

CA&GS合格講座について

面接&筆記対策講座

外資系エアライン・TOEIC強化

プライベート講座

現在受講中の皆様へ

直前対策講座